ホーム > 地域エリア > 投資家の買値

投資家の買値

「スプレッド」とはFX投資は二国間の通貨を売買の注文をして差益を狙う投資です。

 

売買の注文の値段は変化しています。

 

それがレートです。

 

インターネットでニュースをみていると、通貨のレートのニュースが流れる状況があります。

 

見かけるのが、「本日のドル円相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で取引されているという事を表しているのではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを示しています。

 

すなわち、売買には買いと売りの2個の価格が存在する事を示しています。

 

売値のことをBID、買値のことをASKと示しているFX業者も存在しています。

 

平常時には売値の方が低い値段になっています。

 

投資家が買値は高く、売値は安くなるものです。

 

この差をスプレッドといい会社の収益の1つになっています。

 

スプレッドは取引会社によって異なります。

 

スプレッドの狭さは利用者にとって費用になるので狭いFX取引会社を選んだほうが得します。

 

ただ、状況によってスプレッドは大きくなったり小さくなったりします。

 

例えばドルと円の組合せでわずか1銭のスプレッド幅であっても、レートの変動がかなり大きいケースでは1銭よりも広くなる事があります。

 

そのため、スプレッドが低いのと同じく、変化が小さい事が肝心です。

 

決まったスプレッドの差を見せる業者も数多く存在します。

 

現実に取引業者の注文画面で本当のマーケットを見なければ判別できないのでやっかいですが、とても重要なことです。

 

重要な財産を投入してトレードするわけですから、現実の注文の前に関心があるFX業者の新規口座開設をどんどんしてスプレッドの差を確かめましょう。

 

同じ外貨でもそのときの条件によって、通貨ペアのスプレッドの差は変わることがあります。

 

おおむね、インターバンク相場で取引量の多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの幅が狭く、それ以外の通貨ではスプレッドの差が広がるのが普通です。

 


関連記事

  1. 横浜のキレイモに通ってツルスベの肌を皆にお披露目したい!

    全身脱毛ということになれば取られる時間が結構長くなるので、続けられそうなところに...

  2. 投資家の買値

    「スプレッド」とはFX投資は二国間の通貨を売買の注文をして差益を狙う投資です。 ...

  3. テスト

    テスト記事です。...